慶應通信に再入学?


慶應通信教育課程の法学部に再入学するべく、資料取り寄せをしました。


決心がついた!と言い切れるわけではないけれど、行ってみようと思う。
あらためて整理しておく。

入学理由
・仕事で関わる法制関係について、基礎を勉強しておきたい
・哲学以外のことについて、自分の頭でしっかり考える機会がほしい
(前は哲学・社会学がメインだったので)
・自分には自由な時間があと3年ぐらいはありそうだ

大学のレポートは課題がとても素晴らしく、1行だけの課題でも学んでいくうちに驚くほど深く勉強しなくてはいけないときも多かった。知れば知るほど、面白く、レポートに書く際には本当の意味で『自分で分かって』ないと書くことが出来なかった。知らない分野について、自分が分かるまで、調べて咀嚼させてもらえる最高の学び舎だと思う。

入学説明会はいよいよ来週末からスタート(行かないけれど)
出願期間は、2月10日~3月10日

また入学のために課題図書を探さないと。
入学手続きは、10年(ちょうど10年...!!!)ぶりのこと。
まだ入る決心は固まっていないけれど、しっかり考えたいと思う。

最近いろいろあったなー。
とうぶん、家以外のことに目を向けて一生懸命にやっていきます。
卒業するころには31か。今できることを今やる!


[PR]
# by sizukugaotisou | 2017-01-22 21:07 | 大     学
今日は筆が進むので、2つ目の記事。久しぶりに大学記事でも。

慶友会について、である。
慶友会は、慶應通信に入ったら1度は参加してみるといい集まりだと思っている。しかし、この慶友会、デメリットも大きいので入る際には引き際を心得ておくことも肝心と言い添えなくてはならない。

<メリット>
・勉強の仕方を教えてもらえる
・教科や先生の特徴について情報交換ができる
・卒業間近な人や卒業生に出会えて、やる気が出る

<デメリット>
・変な人が多い
・深く関わりすぎると時間をとられることが多い

まずメリットから。
私は入学当時、3つの慶友会に所属した。当時は今ほどブログでの情報も少なく、手探りだったうえ、大学から過去問が送られてくるという神システムもなかったので、試験勉強の仕方すらわからないという状態だった。そこで慶友会に入ることにした。

慶友会には、親切な方がかなり多くいらっしゃって面倒なことも細かく教えて頂いた。ほんとうに心から感謝している。レポートを見せて頂いたり、おすすめの本や教科、単位取得に際してのスケジュール等、とてもありがたかった。(その恩をどこかに繋げられたらと思い、経験をブログに書いたり、時々いただく質問には詳しくお答えするようにしている。)

また、卒業生に会えたりして、こんな孤独な勉強でも、ほんとうに卒業できるのだ、と肌で感じることが出来、勉強を進めるうえで活力になった。

特に英語のスクーリングではその情報源に大いに感謝したものだった。英語の授業は少人数に分けられ、先生ごとに難易度が変わるのは知っていたが、先生のなかには授業中は全て英語で、しかも欧米の大学で用いられている経済学のテキストを使って授業をする方がいらっしゃるという。それを聴き、その先生が担当する期をはずしてスクーリング希望を出したものだった。結局、別の先生にはなったものの、授業は全部英語で大変な目に遭ったわけだが(その話は後日にでも)。

そうしたメリットが大きい一方で、慶友会には変わった方も多い(デメリット)。

・例1
「俺たちは、私たちは慶應ボーイ(あるいはガール)だ!」と大きな声で自慢げに話す。入学試験の簡単さからいえば、そう名乗るのは卒業してからのほうがいいと思うのだが、意外とこういうタイプの人は多い。そして、そういう学歴コンプな人に限って、全然単位が取れていなかったりする。

・例2
デートに誘ってくる。これが1人や2人でないのである。ある飲み会では、隣の人からひたすら太ももを撫でられ続け、メールアドレス交換した人からは頻繁にメールが届き、最も酷い人だと「大阪に出張で〇〇ホテルに泊まっているんですが、今晩会えませんか」とホテルを待ち合わせ場所(決してリッツカールトンのようなお茶するところがあるようなホテルではなかった)に指定してきたり。最後はもちろん無視したが、高校卒業間もない小娘には、ハードな環境だった。今だったら、逆にメールを拡散して慶友会の場に来れなくするぐらいしたかもしれない。

慶友会を辞めた理由は例2の遭遇率の高さにあったわけだけど。
男性Aからは、Aが卒業間近ということで「なんでも聞いてね!」というようなメールをよく頂いた。そこで、試験会場で出会ったときに「論理学が何度やっても再提出になってしまうんです。どう勉強すればいいですか?」と聞いたところ、「あぁ、論理学ね、難しいよね。まぁ、あれは自分との闘いだから」

自分との闘い…!!

なんの役にも立たない助言だった。

私はそこで慶友会を辞める決意を固めた。
辞めたあとも、親切にして頂いた方や仲良くなった方とは夏スクでよく食事などご一緒させて頂いた。そういう縁づくりの点でも、慶友会に入って良かったのだと思う。

ただ、慶友会に深く関わって、会報誌の作成等で時間が取られてしまい、苦しいという話も耳にしたことがある。慶應通信生は、働きながら学んでいる方がほとんどだから、時間は非常に貴重であり、本人が好きで関わっているのであればよいが、そのバランスが難しいと感じていた。

ここまで書いたが、大学に入りたてであれば夏スクが終わるぐらいまで地元の慶友会に入ってみるのはイイ刺激になるし、そこでしか話せないことも多いので、お勧めしたいと思う。どこまで関わるかは、本人次第ということで。

余談だが、慶友会はいまの職場にもある(大きな職場だからだと思うが)。
大学の繋がりを大事にする校風というのは、こんなところにも出てくるのかと驚いた。
いま私は、地元の卒業生で組まれた慶友会に入りなよ、と誘われ悩んでいる。どこまで関わるかは、本人次第ということで。

[PR]
# by sizukugaotisou | 2017-01-14 22:23 | 大     学

2016年を振り返って

久しぶりの投稿
ブログって何書いていたっけ、そもそも誰宛のもの?と考えているうちに遅筆になり、はや半年。

不思議な半年だった。
叶えたいと思っていたことが全て叶い、見事に燃え尽き症候群
・就きたい職業に就き
・以前のようにお金に困らなくなり
・相方とのんびり暮らせる2DK生活

あーっもう欲しいものも、なりたいものも無いな!と思ったとき、あー死にたい、という不思議な感情に苛まれ(デュルケムの自殺論を彷彿とさせる状態)、そうこうしているうちに仲の良かった長年の友人が自殺してしまい、大学に行く前に考えていた「生きるってナニ」ということを改めて考え直す半年でもあった。

そして友人の出産ラッシュに焦り...私の人生どこで間違ったんやと悩み
→お金も時間も自由に使える今、旅行に行ったり遊びまわらなくてどうする!という結論にたどり着いたのが最近のこと

c0035116_17181704.gif
※大変な思いをした六甲縦走(1日かけて、いくつも山を越える恐ろしいイベント)
 始発で着いた時に撮った1枚。

悩みは尽きないものの、どうして生きるか? という答えに今まで「必要とする人がいるから生きる」と思っていたけれど、それが頭打ちになり、むにゃむにゃ。

c0035116_17231187.gif
※夏に京都旅行へ。仲のいいメンバーで浴衣を着てウロウロ

今年の目標は、自立
寂しがりで、何かと人と関わってきたから、自分ひとりで楽しめることを増やしていく
(こうして結婚が遠ざかっているような気がしないでもないけれど...)
行動と気持ち。そして、やりたいことを明確にすること

c0035116_17272578.gif
※昨年のなかで一番美味しかったお菓子。ピエールエルメのマカロン

あと、本もあまり読まなくなり、忙しさにかまけて努力もしなくなり、薄っぺらくなったように思うので、今年は本を読み、頑張るということをしたいと思う。

目標
・自立する
・本を読む
・努力をする
・いろんなところに行く
・職場以外のコミュニティーを作る

[PR]
# by sizukugaotisou | 2017-01-07 17:42 | 日     々
引越しをしました。1DKから2DKの二人住まいへ。
同じ家賃で場所もほとんど変わらないので、少しレトロですが、広々として日当りもよく、のびのびしています。
c0035116_20151462.jpg
引越し前日の新しい家の写真。まだ何もない。

c0035116_20195548.jpg
引っ越し直後の写真。
ソファもテレビ台もまだ無い。スッキリしているようですが、和室はまだ段ボールだらけです。
引越し祝いにもらったモンステラがアクセントに。

c0035116_20223321.jpg
キッチンもレトロ。でも広くなったから、嬉しかったり。
下の写真は、引っ越し直後の前のお家。
c0035116_20253493.jpg
高級マンションから、さようなら。
オール電化、新築、駅徒歩3分、オートロック等など、夢のような快適生活でしたが、二人暮らしとなった今となってはレトロな新しい家の方が幸せです。やっぱり最後に去るときには、寂しさも。1年の住居でしたが、思い出はいっぱいでした。


[PR]
# by sizukugaotisou | 2016-07-24 20:37 | 日     々
同棲をはじめて(なりゆき)、もうすぐ早1年。
もともと一人暮らしの予定の部屋だったもので狭いこと、この上なく、
インテリアを気にすることなく、とにかくスッキリ目指して生活中ー
c0035116_18332300.jpg
たまーに、パンを焼いたりと生活を楽しんでいる
家事して仕事して、(以前みたいに+大学がないから負担はかなり少ないけれど)、ふと、頭を使うのは仕事だけ、で最近成長してないんじゃないかと思ったり。

読書は運動に似ていると思う。
読んでいないと読書力が落ちて、読む早さも理解力も低下する。
(このまえアンソニー・ギデンズ読んでたら一瞬で寝てしまった
c0035116_18574148.jpg
人を読んでパーティーするのだけは、あいかわらず好きなので、もう少し広い家に引越して、寛げたらいいのになぁ

もう、このままで十分幸せなので、
あとは数年して子どもが出来て、家族で暮らしていければいいなあ、と
願望はそんなぐらいしかない。
(ブログ当初からしたら、ずいぶん変わったようなー
 というより当初の願いは、ほとんど叶えられたのかもしれない)

願望達成?リスト
・大学コンプレックス
(いちおう慶應大卒になった

・高校も通信制だったので勉強してないコンプレックス
(慶應通信でさんざんしごかれ、公務員試験の教養で少しは人並みになれたと思う

・ホワイト企業で勤めたい
(中小企業に契約社員で7年。大手では派遣社員しかしたことがなかったけれど、
 大学卒業後、ホワイトかどうかはともかく、人に胸はって言える仕事を正職員でさせてもらえている

・キレイな家に住んでみたい
(新築1LDK セパレート 駅徒歩3分 都心部住まい。
 5年ぐらい前の自分が見たら、腰抜かすと思う。

・キレイになりたい
(他人比較じゃなくて、18歳の自分と比較。
当時より10キロ以上痩せて化粧も慣れて、肌もキレイになったと思う

他にも色々あるけれど、慶應通信を卒業したというのは色んなところで大きな財産になっている。
母子家庭+貧乏な生活をしていたけれど、なんとか大卒でそれなりの仕事に就いて、それなりの生活が出来るようになった。
c0035116_19064435.jpg

人並みになるために、結構努力した。けれど、得たものは大きかった。

やっぱり普通に高校・大学行って、ストレートで就職して奨学金の返済もない、なんて人を見ると羨ましい気持ちは今も変わらないけど、努力すれば願望も叶うものだと最近つくづく思う
(そして最近、家族をもちたいという願望以外に願望らしいものがない。
 あと、もう少し大きな部屋に住みたいぐらいかな。笑

それと、友だちがたくさん欲しいという願望も叶っていると思う。
写真は、アドベンチャーワールドに今月遊びにいったときのもの。
男女混合、仲のよい友だち少人数で、よく旅行にいく。

ありがたく、
幸せな今だと、つくづく思う

[PR]
# by sizukugaotisou | 2016-04-30 19:16 | 日     々
c0035116_16331264.jpg
1年ぶりの更新になります(うわー
このブログを始めてから、もう10年近くになります(うわー

大学卒業して、再就職して、家も変えて
それから早半年。

また大学に行こうかなと考えています。
(とりあえず12月の説明会行こかな

前回入学したときは「勉強したい!大学卒業したい!」でしたが、
今回は「勉強したい!」メイン。

慶應通信は、レポートの課題が秀逸なうえ、レポートを「分かるまで」書かせるという(鬼畜!)ルールが浸透しているので、終わったときには簡単なレポートでも人に説明できるレベルになっているように思います。これがすごい。

独学だと、本をいくつか読んで「分かった!(つもり)」で終わるので、本人は分かったつもりでいるけれど、人に教えられるほどではないし、もちろんその知識を活用して、他の知識との化学反応を起こすこともできない。

いま働いていて法律・行政学・政治学の勉強をしたい想いが高くなっており、そんな(鬼畜<大事なことだから、もう1度)大学に再入学して、とことん勉強しようと考えているところです。夏スクーリングの魅力も、他では得られない大きなものですし。たった1週間の授業なのに(予定ギッシリすぎて満身創痍になりますけど。むしろ屍)

c0035116_17071838.jpg

最近は、インテリア熱も冷めてしまっていたので、また再燃したい今日この頃。

[PR]
# by sizukugaotisou | 2015-11-15 17:13 | 大     学

Name. はるナ


by sizukugaotisou