古典回帰主義...?

c0035116_1753014.jpg1年間探しもとめていた鏡がようやく見つかりました。

探し回ったデコラクティブでいて上品な彼女。
ようやく落ち着いてメイクができる空間が出来上がりました。


近ごろはバロックに魅せられ、
乙女のバイブルと評される獄本野ばら氏の「それいぬ」を読んでみましたが
結果、撃沈。

彼の思考回路はたしかに魅力的ではあるけれど、
なぜそこまで評価されるのかイマイチ理解できなかった凡人の脳。

そういえば「アルジャーノンに花束を」も最後まで流れが読めてしまって、
感情移入すること叶わず、「私には合わなかった」発言で
本好きメンバーに冷たい視線を浴びたこともあったっけ。

感受性がオカシイのかも...?

そんな今、気になっているのが
パスカルの「パンセ」
結局 人は他人の観念のなかで仮想の生活をしようとしているだけなのか。

母に変人呼ばわりされる この頃。
新書コーナーに魅力を感じ、文字に埋もれながら、頭デッカチになってゆくのを感じます。
[PR]
by sizukugaotisou | 2008-12-16 17:41 | 日     々

Name. はるナ


by sizukugaotisou