嗚呼、活字中毒

c0035116_103256.jpg文献を読むのに飽くと、イソイソと布団にもぐって本を読んでいます。

近ごろは新書コーナーで彷徨っていることが多いので、
自然と新書ばかり読み漁っているのですが、
これが意外と面白い!
(今まで堅苦しい文字の塊と思っていました<なんて食わず嫌い!)

表面を撫でただけの流行文庫ではない「知」の宝庫。
それが700円代あたりから手に入るのですから、
毎週末は仕事のあとに、夜遅くまで開いている書店に駆け込んでいます。

・心とは何か (岩波新書)
・知性の磨きかた (PHP新書)
・知的生活の方法 (講談社現代新書)
・なぜ日本人は学ばなくなったのか (同上)
・入門!論理学 (中公新書)
・美人の暮らしかた (幻冬舎新書)

本って、
ホントにその人自身を表しているようで、
昨夜買ってきた上記の本だけでマイブームが漏れていくのだから面白い。

物事を知れば知るほど、物語を読んだときに
「ああ、この作者はこんなことまで知ったうえで、これを書いたのか」と分かる面白さ。

知性は更に「知」を楽しくする。
[PR]
by sizukugaotisou | 2009-01-11 10:50 | 日     々

Name. はるナ


by sizukugaotisou