祝 ・ 2 0 歳

c0035116_755381.jpg
ついに20歳になりました。

膨らむメイクボックス。
象徴されるのは、変身願望?

中原淳一さんの絵はがきをさして、
花のボールペンで飾りつけて、
「好き」をたっぷりつめこんだ夢箱。

20歳になったのだし、
そろそろファンデーションもすべきと思いながら
敏感肌の肌質が二の足をふませる。

できることならRMKをライン使いしたいところ。

今年の自分の誕生日プレゼントはファンデかな。
来年は是非とも【一眼レフ】!!!

携帯撮影だとピント合わせだけでも四苦八苦。
(思い通りの画が撮れない<哀しいかな)


20歳になって、何か変わったといえば
変わった気もするし、変わっていない気も...。
そんなときドストエフスキーの作品の、
コーリャとアリョーシャのやりとりが脳裏をかすめます。

コーリャの顔がひきつった。
「第一、僕は13じゃなく14です。あと2週間で14なんです」彼は真っ赤になった。
「第二に、この場合僕の年齢に何の関係があるのか、さっぱりわかりませんね。問題は、僕がどういう信念を持っているかで、僕がいくつかってことじゃないはずです、そうでしょう?」
「もう少し年がいけば、年齢が信念に対してどんな意味を持つか、君はひとりでにわかりますよ。僕には、君の話しているのが自分の言葉じゃないような気がしたもんだから」
アリャーシャが謙虚に穏やかに答えたが、コーリャはむきになってそれをさえぎった。...
カラマーゾフの兄弟 下巻 p.109 (原卓也訳 新潮文庫)



外は雨。
さて! 気合を入れて、仕事にいってきますっ
[PR]
by sizukugaotisou | 2009-02-27 08:18 | 日     々

Name. はるナ


by sizukugaotisou