自分磨きってなんだろう?

c0035116_1945413.jpg
少し前に訪れたウィーン静物画展の1作。

虚しさを象徴したものが多かった印象がありました。
美しくもどこか退廃的。

楽器と銀の皿を描いた寓意画等。
楽器は流れる時間を、
銀の皿はキリストの受難や人のはかなさを。
それらの取り合わせによって、
「本当に大切なものは別にある」という意味だとか。


本当に幸せは今ココにあることが分かってる。
(分かってるんだよ、うん)
今に十分満足できれば、
きっと細々と幸せに生きていけるだろうなぁと思えても、
それじゃぁ我慢ができなくもある。

若気の至りか、はたまた欲の成せるものか。

だからメイクしたり、努力や、オシャレしようとする気持ちの底にある
ドロドロした見栄というものが、自分の内側にあるのが、直視したくなくて、
けれど、それは自分自身で、人というものはえてしてそういうものだと自分を宥めて。

数年前まで、色んな答えはきっとどこかの本に書いてあるんだと思っていました。
人を殺してはいけない理由も確固としたものがあるからこそ、
人びとは反対していて、根本的なものは解決済みなような、そんな感覚。

現実はそうじゃなくって、いくら読んでも聞いても不明不明不明。
哲学者たちは探し求めて時代の狭間で論争中。
小学生の算数みたいに疑いの余地ない答えなんて出てこない。

「ダメなものはダメなんだよ」

こんな説明をする大人にはなりたくなったけれど、
気がつけば大人の一員となっている自分に驚愕したのはつい最近。

論理学の再再レポを完成させました。
なんだこりゃ、な命題でも前提を真とすれば答えは真になっちゃう。
なんだこりゃ。


少し貯金に精を出していたのですが、
こりゃいかん、いかん、と25歳ぐらいまでは
せめて自分にたくさん投資すべきなんじゃないかと思ったり。

毎日家で練習しているペン習字、毎日読んでいる英語の本、
毎朝の日課であるヨガ、ときどき齧っている色彩心理学。
そろそろ飛び出していっても?(ただ慢性から抜け出したいだけじゃないの、と自問自答)

もちろん、お金の問題だけじゃなくって、時間と努力。
好奇心と謙虚な心があれば、年がいこうとも遅くはないと思うけれど、
早すぎることもなくて、束縛しうるものが少ない今だからこそチャンスかもしれない。
[PR]
by sizukugaotisou | 2009-03-31 20:17 | 日     々

Name. はるナ


by sizukugaotisou