都市社会学(L) -なぜ都市は飢えないのか-

c0035116_055073.jpg少し前の写真をup。

日米比較文化論のレポートができました。いま西洋哲学史1のプラトン「国家」に挑んでいます。

科目:都市社会学(L) 2単位
レポート:A
試験(持ち込み不可):C

レポートの課題は「都市と権力」について。

 一人暮らしをしていると忙しいあいだにトイレットペーパーがなくなったり、調味料がきれたりすることが時々あります。実家暮らしのときに、生活必需品の欠如が起きたときには「もう、お母さん!」と言っていましたが、一人暮らしをしていると怒る相手は自分しかいません。

 これと「都市と権力」のどこに関連性があるのか。
 実は、ここに都市が飢えない理由があります。

 農村は日照りや台風の問題で農作物が不作の場合、自然災害が原因であることを実感しているため、諦観する。(一人暮らしの場合→仕方がないなぁ)

 一方、都市は農作物を生みださない。けれども都市が飢えることはない。それは地方から食物を調達してくることに起因している。都市の食糧事情は、地方から食糧を得る都市の権力次第ということになる。都市の住民(市民)は、食糧が不足した際には「都市の権力機構」に問題があるのではないかと考える。(実家暮らし→もう、お母さん! となる。笑)

 だから都市の権力は、食糧の調達・供給こそ重要となる。都市が飢えた時、権力者は力を失い、権力者の交代を余儀なくされる。もちろん、権力者(機構)は自らの足元が揺らぐことを良しとするはずはないので、地方から食糧を調達してくることになる。

 結果、都市は農村の食糧状況の如何を問わず、食糧を獲得してくることとなる。
 実際、都市が飢えるのは、都市の権力に揺らぎが発生した際にほかならない(戦争など)

c0035116_163542.jpg この話をメインに4つの章に分けて書きました。
1.都市について (都市の定義)
2.都市と食糧
3.権力について (権力の2つの特性<保障と支配)
4.まとめ


参考文献
(1) アンソニー・ギデンズ  松尾精文(他)訳『社会学(第4版)』 而立書房、2004年。
(2) 佐藤彰一、池上俊一 『西ヨーロッパ世界の形成』 中央公論社、1997年。
(3) 藤田弘夫、吉原直樹 『都市社会学』 有斐閣、1999年
(4) 藤田弘夫 『都市と権力』 創文社、1991年。
(5) 藤田弘夫 『都市と国家』 ミネルヴァ書房、1999年。
(6) 那須壽 『クロニクル社会学』 有斐閣、1997年。

試験
持ち込み不可。
内容は1行、テキストから出題されます。

どのページから出題されるか傾向は知りませんが、
結構細かい(人物と思想について幾つか触れる)ので、
ひとしきり読んで理解したあと、暗記が必要でした。

私は、概念について書けたのですが、人物と思想がごちゃ混ぜになっていて、
落ちたと思ったら、まさかのC判定。

比較的、取得しやすいといわれる都市社会学(L)。
私は以前から気になっていた「都市が飢えない理由」と
「田園都市論」を知ることが出来たので、満足な科目となりました。
[PR]
by sizukugaotisou | 2011-04-30 01:07 | 大     学

Name. はるナ


by sizukugaotisou