近江八幡への旅

c0035116_2363099.jpg 4月ライブに行ったにもかかわらず、昨夜20周年記念のその日5/10大阪追加公演に行ってきました。
(7時開演なのに、仕事は7時に終わるという←)

 新しく出たミスチルのアルバム2枚のパッケージが卵子と精子のイラストだという桜井さんのMCに驚き。人が持つ最も小さい細胞が精子で、最も大きい細胞が卵子なのだとか。人が持つ対極の細胞が組み合わさって一つの命を生みだす不思議と、音楽と人との融合をかけているそう。
c0035116_2258543.jpg
GWに日帰りで近江八幡まで連れていってもらいました。
豊臣秀吉が築いた城下町。
c0035116_225932100.jpg


古い街並みが魅力ですが、私の楽しみは和よりも洋にありました。


c0035116_2305386.jpg

 ヴォリーズが設計したコロニアル・スタイルの家々。アメリカ生まれのウィリアム・メレル・ヴォリーズはキリスト教伝道者として近江八幡に住まう。ヴォリーズは、たくさんの洋風建築を生みだしていきました。

c0035116_2343989.jpg


「建築物の品格は、人間の人格と同じく その外装よりもむしろ内容にある」
William Merrell Vories


 いまでも個人の住宅として利用されている建築物も多く、外観のみの見学。ヴォリーズは1,600棟以上の建築を手がけています。神戸にある旧居留地38番館もヴォリーズの作品。旧居留地の代表的建築物や同志社、関西学院大学などにある建築物も手掛けたヴォリーズ。


 やはり近江八幡を拠点にしていただけあって、歩いているだけで沢山のヴォリーズ建築に出会えます。近江八幡に着いたのが夕方で、ほとんど見学できなかったのが残念。
c0035116_2352583.jpg

 噂のクラブハリエのお菓子を頬張れたのが一番の満足点(マンプク)

c0035116_2355882.jpg
あまり美味しそうな近江牛専門店に出会えず、
美味しい豚しゃぶに舌鼓。

そんな食いしん坊が明日から飛騨牛に出会うため、
岐阜 高山まで行ってきます。
[PR]
by sizukugaotisou | 2012-05-11 23:47 | 日     々

Name. はるナ


by sizukugaotisou