書くということ

ホームページをようやく公開しました。

→ 「clear water」

いままでのショートショートも一部公開するために、少しだけ手直ししてHTML化。
とりあえず100編チェック。
これだけでもかなり時間を要しました。
ずいぶん書いてきたなぁーとしみじみ。

改めて思ったことは、
「読書」という行為は自分を読むことだということ。
己に眠っている想いの発掘や確認、
新たな認識による書き換え、
読むことによって自分を知り、自分をかえ、自分独自の解釈がなされる。
だからこそ、読む時節によって一つの物語は変化する。
コトバって素敵だなぁーとしみじみ思います。

そして、私自身も読み手として、書き手として
ずいぶん変わってきたなーと実感する機会になりました。
以前ほど澄んだ小説を書けないかわりに
以前より細かな心理描写や設定配慮が可能になったように感じます。
(あくまでも自己認識ですが……)

そうさせてくれたのは取り巻く環境であり、内面的成長(後退?)でもありますが、
「書く」ことを重ねた経験は大きな財産になりました。
描くことだってそうですが、数を重ねる大切さに気づきます。

頭でっかちじゃダメですね。
(少し反省――)

最後になりましたが、いつも感想をくださっている皆さんに感謝です。
[PR]
by sizukugaotisou | 2007-03-29 20:56 | 日     々

Name. はるナ


by sizukugaotisou