シングルソファ

c0035116_13224426.jpg
この画像だけで、狭さが知れそう。

今日はずっと欲しかったソファが届きました!!


やたらブログをサボっている時期がありましたが、
そのころ私はソファ探しに燃えていました...。



・古道具屋さん
・アンティークショップ
・リサイクルショップ
を自転車で巡って、ソファを探しまわりました。
なんたって、貧乏学生。
素敵なお店を見つけても買えません。
なかでも、素敵だったお店が「MOBILEGRANDE」
建物も可愛くって悲鳴を上げそうなほど、素敵なお店です。
(オーナーさんの住居の素敵なこと!<日本じゃないみたいっ)

けれど、なんたって貧乏学生。

通販でもシングルソファを発見! しましたが、
肘掛の高さが気に入らず、あきらめました。

~ずっと持っておくものですから、本当に気に入ったものを見つけたい。~

そして意外なところで見つけた、この写真のソファ。
デザイン、お値段(びっくりするぐらい格安でした!)共に「これを探してたの!!」という出会いでした。

もちろん中古家具ですが、「Thomasville」というブランドもの。

母に相談したところ...
私が小学生のころリビングに置いていたソファと同じブランドだということが発覚。
(そのころは、ソファを吟味する父母に「早く帰ろうよ~」なんて言っていたものです^^;)

家具にかぎらず物との出会いもまた、縁だということをよく聞きます。
きっと、この子とは縁があったのでしょう。

なんたって、あと1cmでも大きければ家に入りませんでしたから。
その奮闘気は長くなりそうなのでMoreにて。





バイトから帰ってきてみると、靴箱が消えていました。
玄関を巨大ソファが占拠していました。
その大きさといったら、部屋へ入るにはソファによじ登っていかなければいけないほど。

(単に我が家が小さいだけなんですが)
ソファも横に寝かして、やっと置けている状態。
梱包のままでは入らなかったらしく、玄関近くに開封したときの残骸が。
置くのもやっとのことで、壁には傷がついていました。(あとで怒られそう...)

よじ登って家に入ったはいいものの、ソファは動かせない状態。

ある程度、入らないことは予想していたけれど、これほどとは。
ちょっと泣きそうになりながら、試行錯誤しているとボルトを発見。
クローゼットから工具を取り出して、4箇所のボルトをはずしました。

肘掛がはずれ、それらを3階まで運ぶことに成功!


問題は本体でした。
何度もつっかえて、降りて方向を変えてはつっかえて、の繰り返し。
この時点で1時間経過...。

そこから汗水たらしながらの大奮闘。

顎から汗は滴る、怪我はする。
巨大サボテン(1m強)に突き刺さる<痛かった(涙)
そんなことをしながら、さらに1時間。

運び込むことに成功しました。
「何とかと何とかは使いようなんだって、うん」と訳のわからないことを言いだすころには、
マスカラもアイシャドウもアイラインも落ち放題。
目の下にクマができている程度じゃなく、顎まで汗の流れにしたがって黒くなっているありさま。
女の子を捨てていた瞬間です。

でも、苦労したぶんだけ置けた喜びは一入でした♪

夢のなかでもソファが入らなくって泣いていたぐらい、家に入るかどうかが心配でした。
アンティークのチャーチチェアにすれば良かったと何度後悔したことか。
けれど、それも杞憂に終わりました。

ソファを受け取ってくれただろう母から携帯に着信がありました。
部屋に入ったことを知らない母はきっと「どうするの」と聞いてくるでしょう――。


本当に、家具との出会いもご縁、なんですね♪
[PR]
by sizukugaotisou | 2007-06-07 14:03 | 日     々

Name. はるナ


by sizukugaotisou