論理学(総合)

やっと再提出レポができました。
この論理学で再提出レポは終わり。

2年次のテキストも届いたというのに、
まだ総合の論理学再提出レポートに泣いています。
本当は今日お昼から神戸へ行く予定だったのですが……、
テキストとワードに向かっていて、気がつけば夕方でした。

私は勉強が好きなの……か?

「私は勉強が好きか(P)、もしくは嫌いか(¬P)のどちらかである」
P∨¬Pぐらいの命題論理はすぐに書けて、
真理値分析のところまでは、ずいぶん前に終わっていました。
問題は量化理論。
講評には、どのように書いたらいいのか詳細に説明された紙が貼ってありました。

受かる人は一発で受かるけれど、
1度落ちた人は何度でも再提出という恐ろしい論理学レポの罠にはまったよう。
伝説に漏れず再提出をいただいてしまいました。

2度ほど完成したのですが、公理のところがイマイチでやり直し。
そうしているあいだに5ヶ月。
慌てて書いたけれど、やっぱり量化理論における構文的な説明が不安点。
命題論理の公理法はマスターしたつもりだけど…改めてテキストを見ると自信が崩れていきます。

真理関数で行うことができない推論の例をあげ(かつ真理表で説明)、
同じ推論を使って量化理論でそれが正しい推論であることを説明する。

この2行に丸2日。
部屋に篭もっていたら頭が痛くなって「顔色が悪い」と言われました。
あんまり深く物事を考えるのに向いていないんです(バカっ)


ちなみに有名な多重量化であるアリストテレスの三段論法
・誰もが誰かを愛している [ ∀x∃y F(x、y) ]……
を用いようと思ったのですが、証明のところであまりに不安になって逃げました。


これをまた清書しなきゃいけないかと思うと、気が遠くなります。
どうか 受かりますようにっ!<もはや神頼み

試験とレポートの難易度の落差に愕然とします。
[PR]
by sizukugaotisou | 2008-04-04 21:46 | 大     学

Name. はるナ


by sizukugaotisou