カテゴリ:日     々( 149 )

c0035116_20324579.jpg
素敵なデスクペンをいただきました。
デスクペンの存在を知らず、いただいた時に「つけペンですか?」と
聞いてしまった無知な私...

コンバータ吸引式なので、なのでインキ瓶にペン先を浸して、
吸引させてから、さらさらっと書くものなのですね。
手紙1通ほど、吸引いらずに書けてしまいました。
c0035116_20331081.jpg
もう百円ボールペンには戻れないです。
そのクラシカルなボディに、手書きレポートだってサクサク書いちゃいます。

持ち歩き用には、またもやいただき物のネームペンと万年筆。
左利きに万年筆は無理、という10代の思い込みなんて、なんてその。
インキ瓶のボディも美しく、いろんな色を揃えてしまいたくなってしまいます。

c0035116_20332024.jpg本日、new学生証が届きました。
ついに学生証もIC化。
来週の試験までに間に合って一安心。
(普段は仕事が忙しくて深夜しか家にいないものですから、受取りに一苦労)

写真は、職場の近くに出来た生パスタのお店でランチしていた光景です。クリームソースではなく、じゃがいものソースで新鮮で美味しく、思わず回し食べ。
のんびりしすぎて、帰りは3人で猛ダッシュ。
仕事の忙しさに、毎夜睡魔がすさまじいです。

試験勉強の時間が充分でなく、不安いっぱいですが、
物を愛でたり、食べることを大切にする感性だけは大切にしたいです。
[PR]
by sizukugaotisou | 2011-01-16 20:57 | 日     々

2011年

c0035116_2320363.jpg お久しぶりです、
 1人暮らしの呑兵衛です。

 ここ最近、何をしていたかといえば、お家パーティーの連続でした。コップが足りない今日この頃。平日でも誰か泊まりにきたりと、何かと賑やかな1人暮らし生活。

 とりあえず年も明けたことだし、今年の目標を☆彡

インテリア
・ ウィリアム・モリスの壁紙をはる!
・ カーテンをかえる
・ 絨毯さがし
・ ユニットバスの改造計画

仕事
・ 会計資格取得(春)
・ 英語 (会社が今年行う海外進出にむけて) 学習600時間以上

プライベート
・ 習字(今年は毛筆をもう少し強化)
・ 大学の単位取得(あとは専門科目のみ!)
・ 文学全集読みたい
・ もっと美術館・音楽会に行きたい
・ 生活習慣の安定化(毎週末に朝まで飲まないっ)

2011年 どんな22才を過ごすことになるのかワクワク...
[PR]
by sizukugaotisou | 2011-01-07 23:44 | 日     々
c0035116_2242480.jpg気がつけば9月。

一人暮らし改造計画はまだまだ発展途上。

次の給料日がきたら、布買ってきて~。その次の給料日がきたら、ここにカーテン作って~。余裕が出来たら賃貸でも貼れる壁紙を貼るのだ~! っと、妄想は止まらないのですが、「→(ならば)」という条件が入っているのがカナシイ。

ベッドスプレッドもそろそろ欲しいし、手芸屋さんとお友達になれそう。
ワンルームでもインテリアは意外と楽しめるもの。


そういえば、ある絵画のモデルになることになりました。
絵描きの友人から突然の話だったわけですが、その申し出に私は「ハイ?」と素っ頓狂な声を出して(きっと間抜けな顔をしていたはず)、飲みかけのコーヒーを吹き出すかと思ったぐらい唐突な話でした。

けれど、そこは芸術家肌。
その人は構図に凝りだし、まじめな瞳をして一言。

「花と一緒で、女性もやっぱり若いときは自然と綺麗だから」
悲しいけれど。

ちょっと待った。耽美派、という言葉もあるんだよ。 と反論してみましたが、
「うん、でもやっぱり花も咲きたてが綺麗じゃない?」
あっ、視線はこっちね。 と指示も欠かさない。

シャネルは「20歳の顔は自然の贈り物、50歳の顔は功績」という言葉を残していますが、なんとも考えさせられた出来事でした。どのような事でもそうですが、「いまがピーク」と言われるのは複雑なもの。

「時よ止まれ、お前は美しい!」
叫んだ私に冷静な一言。
「はい、動かないでよー」
「はい、すみません」

漫才みたいで楽しいひと時でもありました。

けれど「ピーク」って何なんだろうー。
[PR]
by sizukugaotisou | 2010-09-02 22:35 | 日     々

メイク現場

c0035116_21401399.jpgメイク現場、別名「詐欺現場」

 キーボードが壊れ(ワイヤレスは電池切れ早すぎるヨ!)数日間、文字入力ができない不便を味わっていました。どれだけアウトプットをPCに頼っているのか実感。けど500円でキーボードが購入できる事実に少し衝撃を受けたという...。

 髪くるくる巻いて、ツケまつげして...。
 人は女として生まれてくるのじゃない、女になるのだ。というシモーヌ・ド・ボーヴォワールの著書「第二の性」の言葉が浮かんでくる瞬間。

 サルトルとボーヴォワールの関係は、ある種の理想だと最近改めて思うようになりました。

 いろいろあって、また実存主義に興味を持ち始めています。ちょっと物事を客体化して捉えすぎてきたのではないか、ということに対する反動?なのかも。

 社会人であり、学生である、というのは面白いもので、学生よりも時間はないけれど、人と出会い話すことに対する制約は少ないように思います。朝まで同年代から50代までの人と形而上学的な議論を繰り広げていたかと思えば、我が家に30代の友達が将来のことで思い悩んで駆け込んで泊まりにきたり。

 週に1度はだれかが泊まりにきてくれ、夜中まで色んな話をする。そんな近ごろ。
 男女関係なく来ては、お酒飲んで喋って、眠る。

 色んな年代・色んな環境の人たちと知り合い、色んな夢を知り、啓発され、色々と思い悩む毎日。
 一人暮らしで20代で学生だけど社会人、そんな今だからこそ出来る「いま」なのかもしれない。

 けれど夢もなく「いま」に満足しているからこそ、そうして夢に向かって走ったり、家庭を持つことに「幸せ」を見出していたりする周囲の人びとに対して焦りを覚えてしまう。なんとなく生きて、なんとなく年老いていきそうな自分に妙な危機感。
[PR]
by sizukugaotisou | 2010-08-31 22:15 | 日     々

なら燈花会

c0035116_18555860.jpg

昨夜、友人と「なら燈花会」に行ってまいりました。
1999年から、毎年10日間限定の奈良で行われるイベント。
c0035116_191512.jpg
街が、ろうそくの灯りに包まれます。
写真のように道沿いも穏やかな灯りに包まれていきます。
c0035116_190741.jpg
18時に鶴橋駅で集合し、奈良に向かったのですが、
ちょうどいい具合に暗くなってゆき、春日野園地では見渡す限りの灯りが広がっていました。
時間の流れが、どんどんと緩やかになっていくのを感じることができます。

c0035116_18572423.jpg出店もあり、鹿もやっぱり出没中(笑)
近くで浴衣レンタルも行われていてデートにもおすすめです。

今回は女2人の旅で、「甘酸っぱいなぁ、もう!」と
言いながら、来年はWデートで来れるといいなぁ、もう!
と串を片手に妄想し、ラムネを飲んでいました。
(飲兵衛2人がビールを飲まなかった奇跡!ぉ)
飲み物も良心的なお値段でした。

c0035116_19122058.jpg
2人でかき氷を頬張り、10時過ぎの健全なお時間に帰宅。
意外と電車も混みすぎず、おすすめスポットです。

●なら燈花会
http://www.toukae.jp/index.html




c0035116_19141123.jpg短いお盆休みに、今日はお墓参りをし、明日からお仕事。
今は枝豆とお酒を片手に、
完成した論理学レポートを書き写しております。
(今週泊まりに来てくれた友人とビールを飲み干してしまったのがツライ)

おじさん化してきたよね、と言われる今日このごろ
[PR]
by sizukugaotisou | 2010-08-15 19:18 | 日     々

文房具

c0035116_23131873.jpg
突然の出来事。

万年筆を頂きました。
写真の手前のターコイズブルーのペン。

人生初のマイ万年筆です。
万年筆の奥にあるのは、昨年上長から頂いたネームペン。
どちらも自分のなかで憧れのお品。

c0035116_23122636.jpg
来週に控えた今年の夏スクは、この2本のペンでがんばります。

力入らずの万年筆。
スラスラ書きながら、いままでの筆圧はなんだったの...!という衝撃。

「勉強もがんばってね」
有給休暇を使いきってしまうというのに、優しすぎる会社です。
来週には仕事が終わったら、その足のまま新大阪から東京に行く予定です。

働きながら、一人暮らしで学生という身は、不安定な面もあるけれど、ともかくこの恵まれた環境に感謝!

文房具マニアとしてはニヤニヤしながら勉強の日々です
[PR]
by sizukugaotisou | 2010-07-24 23:46 | 日     々
c0035116_23484551.jpg ベランダがあまりに広くて清々しいのに、コンクリートむき出しが悲しくて、手を出してしまいました。

 引っ越し当日、引っ越しを手伝ってくれたメンバーが、ここから六甲山の方を見ながら話していた後ろ姿がいまでは懐かしい。

 休みの日に、ぱぱっと作ったご飯と、読みたかった本、ドリップで入れたコーヒー、室内からはボサノヴァが聞こえてきて...幸せ~空間です。休日の醍醐味。
c0035116_23554374.jpg
 ピザは前日にグータンしたときの残りだったりします。酒豪にはたまらないお家パーティー。
 お泊りした人の2人に1人は、気付いたらここに座っていたり。肩のこらない空間。

 そろそろ季節的に限界なので、ベランダ読書生活は、秋の到来を待つばかり。
[PR]
by sizukugaotisou | 2010-07-10 00:01 | 日     々

一人暮らし

ごぶさたしております。
実はすこし前から、一人暮らしを始めました。
c0035116_2101888.jpg

インテリアに対する想いは高まるばかり。
夜にキャンドルとアロマポットの明かりのもとで、ぼぅーっとするのが幸せなひととき。
まだ2カ月ちょっとの住まいのため、まだまだ発展途上の未熟ながら楽しい一人暮らしをしています。
改造計画に心躍らせながら、またブログ再開していきます!
c0035116_2184851.jpg
写真のとおり、ワンルーム生活を営んでいます。
狭いおかげで、お掃除は一瞬、持ち物も増えず、時間泥棒さんの排除にも成功し、のんびり読書したり、勉強したり...。仕事に勉強に遊び、21才の今、さらに充実中。

広さでキレイな暮らしをあきらめたくないからこそ、低予算のなか手間をかけた生活を。
[PR]
by sizukugaotisou | 2010-07-04 21:18 | 日     々
c0035116_1231192.jpg集中力のないことが悩み。
書物も少し読むたびに、そこから考え事に思考が派生していき
なかなか読み進めることができない。

自室で本を読めば、眠くなってベッドにゴロン。
机に座ればPCのスイッチをつけてダラダラ。

こんな無駄な時間の使い方をしていてはいけないと思うのですが、
未だ良い手段を模索する日々。

久々に机の向きをかえました。

風水では机の向きはとっても大切。
壁にくっつけると1番集中できるというのが定説。
だけど扉などの入り口に背を向けるように配置してしまうと、
人は落ち着きをなくすとのこと。

私の3畳の部屋では、壁に向ければ背は扉。
左右の壁は天井が勾配になっているため低すぎて使えない。

そのため昨年は窓際に配置していました。
トコロが、どうも机に向かうことが減って外出三昧。
オカシイなぁっと調べてみれば、窓に向かって机を置くと恋愛や外に関心がいきやすいとのこと。

慌てて机を壁に配置しましたが、やっぱり落ち着かず
今は部屋の側面に向けて机を設置。
高さの関係上、壁につけることはできないけれどベッドも目に入らず意外と集中できそう?

勉強ができる子は自室よりもリビングダイニングで学んできた子が多いというのは
良く知られた話ですが、「学ぶ環境を整える」のも大切だと実感したこの頃です。
[PR]
by sizukugaotisou | 2009-06-28 21:08 | 日     々

資本主義の精神

c0035116_10465478.jpg休みの日は起床と同時に時間割りを設定。

(色鉛筆で塗って、ルンルンしているところは小学生ですが)
これが意外と時間を有効利用するのに私には向いているようで、
予定通りにいかないことがほとんどですが、充実度は明らに違う!

すべきことを箇条書きにして、
それを組み込みながら勉強タイムと読書タイムを両立させる。

時は金なり。
そんな常識のなかで、それが真理でなく
只の常識にすぎないと実感したのはつい先日。

「当たり前」を疑うのは、なかなかムズカシイ。

頭で分かっているのと実感は違う。


マックス・ウェーバーはプロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神のなかで、
ベンジャミン・フランクリンの処世術から資本主義の精神のエートスを見出す。

この部分に魅了され、今はウェーバーの作品を黙々と読んでいます。
古典などは自己の歪んだ現代的な基盤を揺るがしてくれます。

社会学の再提出も終えた今、社会学史2に取り組んでいるところです。
[PR]
by sizukugaotisou | 2009-06-23 11:06 | 日     々

Name. はるナ


by sizukugaotisou