<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

法……学?

c0035116_22592930.jpg久々に(?)まともに勉強してます。
ソファの上で参考文献を漁るために、机の上はボロボロです。


26日はありがたい1日でした。
連絡くれたみんなThanks!!!!!
(本当に泣くかと思った....笑)
ずーっと見たかった舞台のチケットも手に入り(しかもS席!)
ウハウハな1日となりました。


さてさて大学の話ですが...
1月の試験結果が届いていました。
政治学(A)、英語1 共にC判定!
なんてギリギリ。でも合格。
とりあえずホッとして大喜びでした。
これでレポート型の必修英語はリスニングのみ。
計算したところ、これで32単位GET。

そして今励んでいるのは法学。
さんざん色んな人に脅されたにも関わらず、コワいもの知らずで挑んでいます。
もともと今回は受けない予定だったので興味半分での挑戦。
今年はあと経済と法学以外は理系と語学しか残っていなかったので
(うぅっ、究極の選択……)、経済を見ると「高校の数学程度は修了していること」の一文があり、即座に却下!!
(「あ、じゃあ法学で(じゃあってナンダ)」と言ったときの潔さっていったら……)
なんといったって高校2年から単位取得予定は、いかに理数系をとらないで卒業するか試行錯誤したタイプですから。
統計学のレポは計算間違いを数度指摘されるほどの腕前です。(あれでB判定くれた先生に感謝...)

とにかく六法全書の使い方も使う機会もサッパリなままレポ作成中です。
誰かっ、ヘルプミー!(涙)
[PR]
by sizukugaotisou | 2008-02-28 23:07 | 大     学

パラドックス

c0035116_132997.jpg手書きがとてつもなくメンドクサイ。

手帳は文字だらけのくせに、清書は大の苦手。
集中力が続かないんです。

自分の部屋が再びできてから一人暮らし願望が薄れてきました。
(3.5畳という驚きの狭さを誇る屋根裏部屋ですが)
結局のところ私がしたかったのは、
朝起きて気をつかわずベッドメイキングをして、
時間を気にせず読書ができて、
気軽に床拭きもできて、花を飾ってインテリアを楽しむ。
そんな些細なことだったのだと気づかされました。

理性では、
しっかりと自立するべき とか、
このままだと、ずっとパラサイトシングルのままだ とか、
色々考えるけれど、結局のところ私は自己本位の生活がしたいだけ?


母はというと
「一人暮らしはいいけど、奨学金かえしてからにしーや」とか、「もったいない」と言うわけです。
母の意見は
「イザ何かあったとき、誰も支えられへんし、自分で支えるしかないんだから、
しっかりと貯金して安定してからにしなさい」とのこと。
一緒に暮らしている母の貯金通帳は眩暈が起きそうな数字であるのは、
ずっと前から変わらないこと。
貯金できないのは昔からだもんねー。
そのうえ今はそんな状況でもないし。


高校は奨学金+バイト。
大学はバイトで学費をまかなって、バイト先の子には、
「そこまでして何で学校に行こうと思うん?」と聞かれて返答に困っちゃいました。
知の探求? そんなカッコいいものなんだろうか。
中学校もまともに行っていない故のコンプレックス?
「アタシやったら高校も行かへんか中退してるわ」と言われ、
私はやっぱり線路から外れつつも、線路から遠のいていく勇気がないだけなのかも。


「お母さんは出来ひんかったから、あんたには自由に生きてほしいと思うねん」
と言いながらも、(見せないようにはしているけれど)寂しそうな母。
自由すぎて迷う。
自由だからこそ責任は全て自分。
自由だから。
自由は不自由というパラドックスはこういうことなのだろうか。

今日という1日にしなければならないことなんて欠片もない。
勉強だって仕事だって自ら選択していることであって、義務の片鱗すら見当たらない生活。
本当に幸せで、幸せだからこそ変化がこわくもある。

記憶を一部失っているツラい時期や、
鬱病で死ばかり巡っていた苦しいことがあったからこそ感じる幸せ。

結婚式で「幸せになってね」「幸せにする」という台詞はおかしなもので、
幸せはそこにあるのであって、そこに幸せを見出す人が幸せで、
幸せというのは『なる』ものじゃないと気づいたのは、苦しみのハードルを越えられたから?
「いってらっしゃい」の声の幸せ。
「お疲れさま!」と言い合える幸せ。
シャワーの使えない家に住んだことがあるからこそ、シャワーのありがたみも分かる。
ジメジメとした部屋を知っているからこそ、日当たりにいい部屋に感謝する。
制服も買えない貧乏も味わったからこそ、今の環境がとんでもなく恵まれていることを知る。

ふと窓の外を見ると、まあるい月があった。
「兎がおるね」という私に「ほんまやね」という母。
また一緒に暮らしだして、もうすぐで4年。
5年の空白は、私自身にもあらゆる変化をもたらした。

未来の私は『今』を振り返って「大変だったけれど幸せだった」と感じられるだろうし、
『今』が二度とは戻ってこない貴重な瞬間であることも分かっている。

もう少しのあいだ、この瞬間を味わっておきたいと考える私と
いつまで甘ったれているの! と叱咤する私。

結局、不自由を生んでいるのは私自身。
[PR]
by sizukugaotisou | 2008-02-20 02:20 | 日     々
c0035116_055241.jpgまた自室ができました。
Thanks マム。

今回は、久々に大学の話。
(いつも色んなメールやブログでお世話になっているのに、
 なかなか実のある情報を書けない、もどかしさ)

やっと地学No.04の再提出レポが完成しそうです。
もたもたしている間に再提出した地学のレポたちは、
早くも無事BやCで返ってきました(痛)。

いつも字数が足りなくて(だいたい300字ぐらい欲しいときが多い)、
毎回下書きしてから削って仕上げていくという方が心底羨ましいです。
前は無理やり書き足して、アルゴン40とかまで言及してしまい、
論点がずれているという手痛い講評が
(でも丁寧に指導していただけたので、書き直しやすかったです)

多くの人がはまるという地学No.04での論点のずれ。
問題は「地球の大気と海水の進化を明らかにする方法について説明しなさい」
見事に私は‘明らかにする方法’だけたくさん書いて、進化についての部分が大幅に不足していたよう。
(たしかに読み返してみるとヒドい。相対年代法とかいらないし)
とりあえず今回は
・希ガス存在度
・マグマオーシャン
・絶対(放射)年代法 あたりにしぼって書きました。
そして、しぼりすぎたのか字数が足りない...。

とにかく試験はAで通ったので、はやくスッキリしたいところ。
同じく試験はAで通った論理学も、レポは再提出判定で放置中ー。
試験が通りやすいものはレポが結構厳しいというのは、
あながち噂話でもなかったのね、と身をもって実感中。

そういえば、1日で仕上げた伝説の(?)政治学レポはCでギリギリ通っていました。
ということは試験が……?
仲良くなった方が、「今回で試験は3回目」と言っていたのを思い出します。(おそろしぃ)


今月には学費の請求書も届き、入学してもう1年が経つのかとしみじみと思いました。
1年の学費は、夏スクも入れると1年でだいたい6、70万ぐらい?
高校の奨学金の返還分も、しっかり引き落とされていました。
通帳の数字に泣けてきます(笑)

今年は英語の2単位をリスニングで取得する予定なので、ネットで書籍を注文。
・WRITING AMERICA -current english composition-
・HEART-WARMING SHORT STORIES <英米叙情短編選>
送料と手軽さでネットで頼んだわけですが、在庫がなくて届いたのは約15日後。
とにかく大学の書籍注文締め切り前までに、2冊とも手元に届いて安心しました。
そして通読してみて頭痛にみまわれる私。
1年間 大丈夫なんだろうか……。

今回受けた試験<政治学A・英語1>が受かっていれば、
1年でとれた単位数は30。
卒業率が数%の通信教育と考えれば、走り出しは好調?
[PR]
by sizukugaotisou | 2008-02-19 01:36 | 大     学

これこそ青春?

c0035116_23515548.jpgバレンタインを前に大忙しです。
もちろん仕事で。

リボンをつけるのが、とても上手くなりました。
喋りながら、こなしていけます。
熨斗も、どれをどの時に使ったらいいか、
ようやくスグ判断できるようになってきました。
(でも左利きの私に筆ペンを持たすのは無謀だと思うよ、みんな)

朝7時ごろに家を出て、深夜25時頃に家に帰るという、
ビックリな労働を経ても、
疲れないのは、やっぱり同世代同士で気合を入れて頑張っているから?
忙しいから普段はあまり喋ることができないけれど、
(というか毎日ケーキの在庫についてしか情報交換していない気がする)
喋りだしたら止まらない仲間たち。
人気の本、メイク、恋バナ、英語、花、インテリア、ファッション。
閉店後でも仕事は山ほどあって、
深夜の空いた電車でグッスリ眠って帰宅した昨日でした。

ほんと、いい経験させてもらっています。


写真は結構前に撮った私の部屋。
いまは寝室になっていますが、これを見て改めて「部屋が欲しい」と思うことに...。
母に訴えた(?)ところ、母も「そうやんなぁ、かわいそうかなぁとは思うねん」と一言。
今週末に客人が1人泊まっていくことになっているので、来週には模様替えを実行予定!
[PR]
by sizukugaotisou | 2008-02-13 00:09 | 日     々

うわおぅ!!

c0035116_18221817.jpg

シャネル......。

って、見れば分かるか...。
未だに信じがたい現実です。

春の新色アイシャドウ。

もちろん、自分で買ったんじゃぁありません。

久々の休日に祖母から
「誕生日プレゼントがあるから」と連絡があり、
(というか私の誕生日は2月は2月でも限りなく3月に近いのですが...)
おそるおそる訪れてみると、
手渡されたのは、なんとシャネルの紙袋!



まさか、こんなところで初シャネル...。

安心して買えますもんね。
プチプライスの化粧品のときみたいに失敗が少ないし、
プチプライスの化粧品の有能版の上をいく商品の数々。

シャネルといえばファンデーション。
ランコムといえばマスカラ。

そんな私ですが、愛用のアイシャドウはエクセルのデュアル アイシャドウ D23。
毎日使いつづけているせいで、あと1ヶ月もしない間に欠片すらなくなります。
(アイシャドウ使いきるなんて、初めてかも!)

欲しかったアイシャドウ。
こんなラッキーなことがあっていいのだろうか。
けれども、春の新色。
ブラウンをこよなく愛する私にパステルカラーは使いこなせるんだろうか(ゥーン)
[PR]
by sizukugaotisou | 2008-02-07 18:34 | コ  ス  メ

Name. はるナ


by sizukugaotisou