c0035116_12481632.jpg 会社の横にある公園。ぼぉーっと、ここで会社の人たちとランチしたり、花見したり、思い出いっぱいの公園。

 たまには真面目な?話も
(最近、小さなことはツイッターで消化してしまってるし...)

 大学を卒業してからも、生とは何か、歴史とは何か云々と考えることがあります。そういうことを考えることがやっぱり好き。ここ半年間考え続けていること、「人の生に、濃度というものがあるのではないか」について触れてみたいと思います。

 「声に出して読んでみたい日本語」で有名な斎藤 孝氏や、「思考の整理学」で有名な外山滋比古氏は、いくらか懐古主義的なきらいはあるが、旧制高校で学ぶかつての生徒たちの卓越した手記や考え方を紹介している。旧制高校で学ぶ生徒たちの手記は、たしかに目を見張るものがあり、その成熟した思考には驚愕を覚えざるを得ない。

 ならば、なぜ10代の彼らはそれほどまでに成熟していたのか。

 そこにここ半年間の悩み(考え事)のタネがあります。

 10代の彼らが成熟していた(として)理由について、3つの仮説を立てていました。
-------
1.切迫した「死」(戦争等)が、彼らに「生きること」について思考を集中させるに至った
2.人の生の濃度には、有る程度の限界が存在する
3.教育の問題
-------

1.切迫した「死」が、彼らに「生きること」について思考を集中させるに至った。
 旧制高校は、主に1890年代半ばから1950年まで存続した制度です。戦争が身近にあった時代、現代より身近にある「死」という存在が、彼らに「生きるとはなにか」を真剣に考えさせる契機となり、彼らを成熟させるに至った。

(この仮説。「生きるとはなにか」ということに思考を集中させただけであれば、他の部分においては現代の10代とほぼ同じ幼さを内包していることになってしまう。つまり、「生きるとはなにか」という思考が、人の在り方そのものを成熟させることを前提にしている)

2.人の生の濃度には、有る程度の限界が存在する
 そこで考えたことが、「人の生の濃度には、有る程度の限界が存在するのではないか」ということ。我々は、事故などがない限り、80~100年程度の時を持っていると考えている。そのなかで10代は、まだ人生において1/8程度生きたに過ぎない。

 人生において成熟の限界があるのであれば、1/8生きたときに成長すべき基準と、1/6程度生きたときに成長すべき基準が存在すると考えられる。旧制高校が存在した時代は、平均寿命が短い。そのため、現在30代において持っているべきと考えられる成長度合いが、彼ら(旧制高校)の時代10代で持っているべき成長度合いなのではないかと考えたわけです。

 その仮定に基づくと、我々は寿命が延びたと言いながら「希釈化された生を享受」していることになるわけです(善悪の問題ではなく)。

 これは驚くべきことだけれども、この仮定には穴があります。人の生の濃度には有る程度の限界が存在するのであれば、古代ギリシャの文化的成熟には納得がいくが、中世ヨーロッパの在り方の説明がつかない。中世ヨーロッパは、1300年以降のペストや気象環境の変化によって、人口が大量に減少した時代です。(フランスでは人口の約1/3がペストによって病死。このため農業人口が激減して領主の直営経営が困難となり、貨幣地代の普及を促進している)

 この切迫する死と、短い生が人を成熟させるというのであれば、この中世ヨーロッパこそ文化的(哲学的)繁栄があると考えられるわけですが、実際は暗黒の中世といわれるように、文化的発展はほとんどみられません。(まぁ、あまりに死が近くにありすぎたために思考よりも恐怖が上回り、人びとを哲学的思考から魔女狩りなどの迷信的世界へと追い込んだと言い訳することもできますが...)

3.教育
 そこで苦し紛れに考えたのが、旧制高校の青年たちの成熟は教育による成果だと。(全っ然納得いかないけど)。特に旧制高校は、超優等生ばかりを集めた青年集団であったため特別に成熟していたのだと考えることができます。(だからといって、東大に入ったばかりの現代の子たちが、カラマーゾフの兄弟を読んであそこまで考察出来るんか、って疑ってしまうところではありますが)。

うむむ。
納得いかず、色々考えて半年。
全然答えが出てこず、とりあえずセーブポイントとして(?)ブログに記してみました。

なぜ彼らがあれほどまでに卓越した思考力を持っていたのか、
やっぱり気になる。

参照:
齋藤 孝 「なぜ日本人は学ばなくなったのか」  講談社、2008年。
外山滋比古 「思考の整理学」 筑摩書房、1986年。
全国歴史教育研究協議会 「世界史B用語集」  山川出版社、2004年。
エルンスト・H・ゴンブリッチ 「若い読者のための世界史」 中央公論美術出版、2004年。
[PR]
# by sizukugaotisou | 2014-07-22 13:48 | 日     々

ようやく

めちゃくちゃ久しぶりの更新。

ようやく、ひと段落出来たので家中の大掃除をしました。
床拭きしてから、ワックス2回もかけちまった←
c0035116_15295997.jpg

本棚も大掃除して、めちゃくちゃスッキリ。
大学も無事、卒業出来たので文献関係もずいぶん処分しました。
これでまたいっぱい買える...

c0035116_15435438.jpg
 大学の卒業(諮問)試験では、担当の先生に「7年で卒業とは、早かったですね。よく頑張りましたね」と声をかけてもらってドキドキしながら試験結果を待つこと約1カ月。無事、卒論・諮問試験ともにA判定頂きました。

そして届いた卒業証書。卒業式は行けなかったけれど、大きな財産になりました。

 18歳で入学して、25歳で卒業。色々あった7年間でした。

c0035116_1535252.jpg
数ヶ月前の女子会。
色々我慢して頑張った数か月だったので、ここから少しの間は、みんなでご飯に行ったり、自分が読みたい本を読んだり、のんびり過ごしたいナー<あくまで願望

まだまだ落ち着かないけれど、
9月からはハジけたい!


c0035116_1632789.jpg
先月、会社の子にもらったグーテ・デ・ロワの限定品。ワインに合うラスク。2ヶ月間禁酒していたので、ようやく食べられる...!!

結局、毎日のんびり生活出来ることが
何よりのしあわせ
[PR]
# by sizukugaotisou | 2014-06-23 16:07 | 日     々

卒業間近

写真アップロードして、またまた更新が滞っていました。
ようやく卒業も間近になりました。
c0035116_22541570.jpg

平日に梅田で荷物を全部ロッカーに預けて
ぶらりと出かけた春の嵐山。

平日にも関わらず、すごい人ごみでした。
c0035116_22552525.jpg

外国人の集団が自転車で駆けていく。
不思議な光景

c0035116_2217997.jpg

天気も良くて、お花も綺麗なのに
生ビールの販売がどこにも無かったのが残念でならない。

c0035116_2221649.jpg

今月末には、2回目の卒業論文指導があります。
教授とメールでやりとりして、ようやくテーマの絞り込みが終わったところ。
(想像以上に矮小な論文になりそう...)
今度の指導時に卒業予定申告書へハンコを押してもらいたいところ。

先月提出したオリエント考古学のレポートもAで返ってきました。
課題は「カナン人」について、でしたが、
図書館の書庫から「K.M.ケニヨン 【カナン人とアモリ人】  山本書店、1984年」を
出して頂き、この1冊とテキストだけでほぼ乗り切れました。

いま保険の単位として考古学のレポートをしています。
あと教育社会学もしておこーかなぁ...
c0035116_2235854.jpg

会社近くの桜も綺麗
ゴールデンウィークに奈良公園に行ったら、
当たり前のように鹿さんが寛いでいました。
c0035116_22185539.jpg

公園のなかで柵もない状態で寛いでます。この鹿たちにとっての世界観っていうのは、どうなってるんだろー。文化人類学をもっとやってみたい。


なんだかんだで、今年も夏スクーリングを受講することにしました。ホントに最後の夏スク、のはず。


卒業したら 「人間関係学」の学士GETです。


ただ、哲学を学びたくて入学したはずが、いつの間にやら社会学をやることに...。
アリストテレスだったかプラトンだったか、哲学は年いってからやるものだって言ってたけど、年を経るごとに実学に走ってしまっている気がします。

物事を以前ほど考えることがなくなってきていて、大人になるってこういうことかしら。(いまさら)
[PR]
# by sizukugaotisou | 2013-05-11 21:55

本棚整理

c0035116_8524948.jpg

丹波で購入した陶器さん。
手作りなので、1点1点表情が違ってました。

「オリエント考古学」のレポート提出が終わりました。
これで、専門科目の単位数も足りるハズ...!

いま再提出を頂いている「西洋史概説2」と「西洋史特殊3」に取り組んでいます。
どちらも試験は通っているので、合格もらうだけ。

ただ、このままだと単位数ギリギリの綱渡りなので、
もう1科目頑張ろうかと。「考古学」か「教育社会学」のどっちかで検討中。

c0035116_22183948.jpg

実家に帰ってきて2か月ほど。
本棚を大掃除しました(入りきっていなかったもので)

ルール: 下記以外の本は処分対象にしました
・1年以内に開いたことがある本
・今後、勉強で使う本

出るわ出るわ、捨てる本だけで半月分の給料と同じぐらいにになってしまうかも。
(泣きそう)

一応、上の写真は整理後の本棚です。
整理前は本の前に本、本の上に本、本棚の上に本がありました。

c0035116_2219590.jpg


岩波文庫だけは、なかなか手放せず。
結局、岩波文庫は純文学とアダム・スミスの国富論だけ手放しました。
[PR]
# by sizukugaotisou | 2013-03-24 08:53 | 日     々

おひさしぶりです

ご無沙汰しております。
ブログを閉じようかとも考えましたが、読み返してみると、ずいぶん長々とやってきたなァと感慨にふけってしまい、このまま閉じるのももったいないので、また再開してみることにしました。

いま、再び実家暮らしをしています。
これも、また新たな始まり
帰ってきたばかりでインテリアも落ち着かず、ワタワタしています。

前回更新してから、
・日本史特殊
・教育学
・歴史学
・教育心理学
のレポートがAやらCでかえってきました。
今は、担当教授と卒論のテーマの絞り込み作業をしつつ、保険の単位としてオリエント考古学と考古学のレポートをしています。

c0035116_8484688.jpg
とは、いいながらも先週には淡路牛を堪能。
c0035116_8494232.jpg
土曜日には、Mr.Childrenのライブに参加

毎日楽しんでいます( ´ ▽ ` )

とりあえず、おうちの片付けからかな
[PR]
# by sizukugaotisou | 2013-03-13 08:53 | 日     々

ただ、ただ、のほほん

c0035116_1956521.jpg

アルパカ可愛い
この2週間勉強しかしてなくてストレスフリーだったせいか、お肌がツヤツヤになりました_φ(・_・今日から仕事...ストレスこわい(−_−;)

c0035116_1956473.jpg

東京から帰ってきた翌日、滋賀県にあるブルーメの丘に連れて行ってもらいました。アルパカや羊がおって、人も少なく、のほほーんな1日。

c0035116_1956420.jpg

9月2日にレポート〆切あるけど、気にせず大きなうさぎに大興奮。頑張って家でゆっくりするというのもいいけど、ストレスというのは、こうして解消されてゆくんですねー

c0035116_1956354.jpg

アルパカや羊たちの可愛いお尻に癒されました。モフモフしとるー!
c0035116_19565421.jpg

[PR]
# by sizukugaotisou | 2012-08-27 19:54 | 日     々

Name. はるナ


by sizukugaotisou